日本・横浜と縁が深いマニュファクチュール、ジラール・ペルゴ 1966 Ref.49555-52-132-BB60

ジラール・ペルゴ 1966 Ref.49555-52-132-BB60

物流会社の海外企画部門で、法務の仕事をしている齋藤さんは35歳。前回は、グラスヒュッテオリジナル セネタ オートマティック Ref.39-59-01-02-04で登場していただいた。

斎藤さんの腕時計は1966

今回は、2017年10月に購入した、ジラール・ペルゴ 1966 Ref.49555-52-132-BB60だ。

1966 Ref.49555-52-132-BB60

・きっかけは7年前

シンプルな1966

「7年前くらいに改めて時計を好きになり、調べていくうちにジラール・ペルゴを知りました。レクタンギュラーの1945が有名だったので、最初はそれらを見ていましたが次第にシンプルな1966に惹かれていきました」

ジラール・ペルゴは日本に初めて正規輸入されたマニュファクチュール

「ジラール・ペルゴは開国後、日本に初めて正規輸入されたマニュファクチュールということで、日本と非常に縁が深いということを知り、とても親近感がわいたというのも、ジラール・ペルゴを好きになった理由の一つです」

ジラール・ペルゴを好きになった理由の一つ

・フランソワ-・ペルゴの墓地は横浜に

フランソワ-・ペルゴの墓地は横浜に

「ジラール・ペルゴを創業したマリー・ペルゴの弟のフランソワ・ペルゴのお墓が横浜にあるそうです」

ゴールドのモデルなので、スーツに合わせます

「やはり、ゴールドのモデルなので、スーツに合わせます。ピンクゴールドですが落ちついた色味をしているので、使いやすく、ビジネスシーンで活躍しますね」

ビジネスシーンで活躍

斎藤さんいわく、特に気に入っているのは、ケースと風防の丸くて暖かみのあるフォルムや、凝った仕上げのムーブメントである点とのことだった。

特に気に入っているのは、ケースと風防の丸くて暖かみのあるフォルムや、凝った仕上げのムーブメント

ブランド:ジラール・ペルゴ / GIRARD-PERREGAUX
モデル:1966 Ref.49555-52-132-BB60
購入価格:197万円(新品)
Owner:齋藤さん
Age:35歳
Area:新宿
Photo:@37watch

・ベルト

革のベルト

・フェイス

フェイス

・リューズ(竜頭)

リューズ(竜頭)

・ジラール・ペルゴ 1966を着用する斎藤さん

ジラール・ペルゴ 1966を着用する斎藤さん画像1

ジラール・ペルゴ 1966で時刻を見る斎藤さん

ジラール・ペルゴ 1966を手のひらにのせる斎藤さん

ジラール・ペルゴ 1966の時刻を合わせる斎藤さん

ジラール・ペルゴ 1966を両手で持つ斎藤さん

ジラール・ペルゴ 1966を着用する斎藤さん画像2

ジラール・ペルゴ 1966を着用する斎藤さん画像3


100名以上の私物腕時計を紹介中のインスタグラムはこちらをクリック